ともこ庵 Shop−貴重な在来種や古代米、農法、加工品、グルテンフリー

古代米黒米 朝紫「長寿米」 岡山産 (900g)

【長寿米】
長寿米は黒米朝紫(アサムラサキ)と言うもち米品種で古代米の一種,収穫量も少なく脱穀にも手間がかかり自然栽培の為、大変高価な米となっており、プチッとしながらもっちりとした食感です。
貴乃花が真っ黒な黒米ご飯を食べていることが紹介され、栄養価が高く女性には便通がよくなると話題になりました。

【成分】
カルシウム・鉄・ポリフェノール・鉄分・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・蛋白質・ナイアシン・マグネシウム・リジン・トリプトファン・亜鉛・カルシウム・食物繊維などミネラル分が豊富に含まれ、栄養価がとても高い米です。
あきたこまちの玄米と比べても腸内環境を整える食物繊維は1.7倍、抗酸化作用があり風邪予防にいいと言われるタンニンは6.9倍含まれています。
さらに骨を作るのに大切なカルシウムは1.7倍、代謝を支えるビタミンB2は1.8倍、血管の健康を保つビタミンEは1.3倍にもなるのです。
ポリフェノールが血をさらさらにし女性の生理にも効果があり、長寿米の成分は動脈硬化の予防・老化防止・発ガン抑制・滋養強壮・胃腸を丈夫にする・造血作用があるなど様々な作用があると言われております。

【美肌効果】
シミやくすみの原因であるメラニンをつくり出す働きや、美肌成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを壊す働きを持っているチロシナーゼ、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼ、エラスターゼといった酵素の活性を抑制する働きがありハリや弾力、潤いのある美しい肌を保つことが出来ます。

【胃の健康を保つ効果】
長寿米は胃腸を丈夫にする効果があると言われています。
胃腸の健康を保つ効果のほか、慢性病、虚弱体質の改善など滋養強壮に効果があり、造血作用もあるとされています。
また特徴である消化の良さから食欲不振の時でも食べることができ、胃腸の機能を高める効果があり栄養素が多く、消化が良いので胃弱な人や子どもお年寄りなどにも食べやすい食材です。

【髪を健康に保つ効果】
長寿米を食べ続けると肌がなめらかになり、髪の毛が黒くなって若返ると言われています。これは黒米には髪に必要なビタミン類、鉄分、カルシウム、マグネシウムや亜鉛といった栄養分が多く含まれているためです。黒米を食べることで、髪を健康に保つことに期待ができます。

【驚くべき効果】
長寿米は真っ黒で果皮と種皮部分に青紫の色素「アントシアニン」(ポリフェノールの一種)が含まれており、炊くと鮮やかな紫色になります。
農業・生物系特定産業技術研究機構の研究結果によると、長寿米に含まれるこのアントシアニジンという成分が、黄色ブドウ球菌の増加を抑えてくれるという結果がでました。
24時間放置した場合、普通の白米に比べ菌の数は37万分の1程度でした。
もちろん長期間そのままにしておいては危ないですが、他のお米に比べてこれだけ菌の繁殖を抑えられるので、ご年配の方やお子さまがいらっしゃる家庭にとって、作り置き時やお弁当などに便利です。
長寿米のポリフェノール紫黒色系色素(アントシアニン)は、老化や発ガンの誘因となる体内酸化を除去する抗酸化作用が認められています。
ポリフェノールとは植物が光合成を行う時に体内にできる物質の総称で、色素や苦味の成分のことをいいます。
精米すると白いもち米になりますが、長寿米の栄養価は周りの黒い部分に含まれていますので高い栄養価をそのまま食べるために玄米で使用します。
もち米はご存知の通り白米よりもモチモチとした食感で食べごたえも抜群、いつもはお茶碗一杯では足りない人も長寿米ならよく噛むので満腹中枢が刺激され少量で満足感を得られます。
ダイエット中だけどお米を食べたいという方も、日々の食生活になかなか気遣えない方も、いつもより少ない量でお腹が一杯になります。
すぐに効果の出る方、出ない方様々ですが薬ではありませんので無理なく少しづつあわてずに続けることが大事です。

【歴史】
「長寿米」の元々の原産地は中国・狭西省漢中地方で、漢の時代の有名人がこの珍しい米を発見してから順調に出世し、歴代の皇帝はこの縁起の良い出世米を皇室御用米として、当地の長官に献納させ神様へのお供え物やお祝い事に使用し、おはぎのルーツとも言われています。
滋養強壮作用から中国では「薬米」とも呼ばれ、虚弱体質の改善や回復期の病人の栄養食品として用いられてきました。

【炊き方】
長寿米の色は表皮に含まれていて、洗ってしまうと融け出てしまいます。
一緒に炊くお米をいつもの通り洗米し、水を入れた状態にしてから、長寿米を洗わずそのままか、さっと水を通してから入れてください。
黒く(白米1合:長寿米1合) 紫(白米1合:長寿米大さじ2)淡紫(白米1合:長寿米大さじ1)ピンク(白米1合:長寿米小さじ1)を2時間程度浸水してから長寿米大さじ一杯(15g)に対して水大さじ2杯(30ml)を入れて炊いて下さい。
長寿米を加えた分だけ水を多くし、長寿米や水をしっかり計測するのは難しく、水が少な目だとかっちりとした炊き上がりになってしまいます。
塩を一つまみ入れるとさらに甘味が増します。炊飯器で炊けます。

【成分】
カルシウム(mg/100g) 15.0
マグネシウム(mg/100g) 126
カリウム(mg/100g) 255
鉄(mg/100g) 1.66
亜鉛(mg/100g) 1705
ビタミンB群(mg/100g) 0.55

【産地】
岡山産


【保存方法】
保存温度10℃以上、保存湿度55〜75%以上で、お米に虫が発生しやすくなり、風通しの良い所の冷暗所で密閉されている容器等に入れ保管し、夏場は野菜室で保管して、長期保管は品質低下を招きますので30日以内を目安に消費されることをおすすめします。
30日を超えましても問題なく召し上がっていただけますが、できるだけ早く消費していただき、上記の保存方法で保存していただいた方がより美味しいままお召し上がり頂けます。容器がない場合、冷暗所にて鷹の爪を4本程度混ぜて保存して下さい。
お米が湿るとカビなどが発生しやすくなるので、保存容器を洗った後はよく乾燥させてからお使い下さい。
1個ご注文の方は送料を抑えられるクリックポストを是非ご利用下さい。
2個以上ご注文の方はクリックポストを選ばず宅配便を選んでいただくか、再度ご注文下さい。

《大きさの違う同一商品》





「長寿米 (450g)」

販売価格
2,527円(本体2,340円、税187円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています

最近チェックした商品