知っておきたい病気の基礎知識(糖尿病)

糖尿病とは

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気です。
インスリンは膵臓から分泌されるホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。
血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。
また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。

インスリンとは

インスリンは、すい臓のベータ細胞で作られるホルモンで、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込み、血糖を下げる働きを持つ唯一のホルモンです。
膵臓のランゲルハンス島という部分のβ細胞で作られ、血液によって全身に運ばれます糖分を含む食べ物は消化酵素などでブドウ糖に分解され、小腸から血液中に吸収されます。
食事によって血液中のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌されてその働きによりブドウ糖は筋肉などへ送り込まれエネルギーとして利用されます。
このようにインスリンには、血糖値を調整する働きがあります。
インスリン注射は、このインスリンを外部から補う治療法です。

慢性的な高血糖を起こす2つの原因

慢性的な高血糖を引き起こす原因としては、主に2つのものが考えられています。それは、「インスリン分泌障害」と「インスリン抵抗性」です。

インスリン分泌障害とは

「インスリン分泌障害」とは、文字通り「膵臓からのインスリン分泌が障害されること」です。
正常な体では、血糖値が高くなると膵臓からインスリンが分泌され、血液の中のブドウ糖を肝臓、筋肉、脂肪組織に取り込んでくれるため、血糖値は下がり、正常範囲内に収まります。
しかし、インスリン分泌障害があると、血糖値が高くなっても、膵臓からインスリンが分泌されないため、血糖値の高い状態が続いてしまいます。
そのため、「インスリン分泌障害」は慢性的な高血糖の主な原因になります。

インスリン抵抗性とは

慢性的な高血糖を起こす原因の2つ目が「インスリン抵抗性」で、「インスリン抵抗性」とは「組織におけるインスリンの感受性が低くなり、インスリンが効きにくくなっている状態」です。
具体的に言うと、「筋肉」でインスリン抵抗性が高まってしまうと、筋肉にインスリンが作用しても、血液の中から筋肉の中にブドウ糖が取り込まれにくくなってしまいます。
つまり、正常時と同じ量のインスリンが分泌されても、筋肉の中にブドウ糖が取り込まれないため、正常時に比べて血糖値が下がらないのです。
「肝臓」でインスリン抵抗性が高まってしまうと、血液から肝臓内へのブドウ糖の取り込みが減ってしまいます。
またインスリン抵抗性が高まると、肝臓内でブドウ糖をまとめてグリコーゲンという塊にする機能が抑制されてしまうため、肝臓内のブドウ糖が増えてしまい、肝臓から血液の中にブドウ糖が放出されてしまいます。
その結果、肝臓でのインスリン抵抗性が高まってしまうと、慢性的な高血糖になる原因となってしまいます。

血糖とインスリン

食事をすると栄養素の一部は糖となって腸から吸収され、寝ている間など食事をしない時間が続くときには、主に肝臓により糖が作られています。
糖は体にとって大切であり、食事をした時も、食べていない時も、常に血液中を流れています。
糖は血液の流れに乗って、からだのあらゆる臓器や組織へめぐります。
血液中をただよい、筋肉などの細胞までたどり着いた糖は、同じく血液中に流れていたインスリンの助けを借りて細胞に取り込まれます。取り込まれた糖は、私たちのからだが活動するためのエネルギーの源となります。
インスリンは細胞のドアを開ける鍵のような役割を果たしています(。インスリンの働きによって、細胞の前まで到着した糖はすみやかに細胞の中に入り、糖は血液中にあふれることなく、血液中の糖の濃度は一定の範囲におさまっています。

血糖の役割

でんぷんなどの糖質(炭水化物)は、生命を維持する栄養素として最も大切なものの1つです。
糖質は消化されてブドウ糖(グルコース)となり、血液中から全身の細胞に取り込まれて、主なエネルギー源として利用されます。
血液中のブドウ糖を「血糖」といい、血糖値とは血液中のブドウ糖の量をあらわしています。

血糖値の調整の仕組み

炭水化物を摂取すると、そのほとんどが消化によってブドウ糖となり、小腸から吸収されて血液のなかに入るため、食後は血液中のブドウ糖の量(血糖値)が高くなります。
健康な人の場合、血糖値は「インスリン」やインスリンと逆の働きをもつホルモンのバランスにより、一定の範囲内にコントロールされています。そのため、食事や運動をしても血糖値が極端に変動することはないのです。

インスリンが働かないのは

糖尿病になるとインスリンが十分に働かず、血糖をうまく細胞に取り込めなくなるため、血液中に糖があふれてしまいます。
これには、2つの原因があり、インスリン分泌低下:膵臓の機能の低下により、十分なインスリンを作れなくなってしまう状態で、細胞のドアを開けるための鍵が不足しているので、糖が中に入れず、血液中にあふれてしまいます。

糖尿病の症状

症状がなく糖尿病になっていることに気がついていない方も多くいます。糖尿病では、かなり血糖値が高くなければ症状が現れません。
高血糖における症状は、
喉が渇き水をよく飲む
尿の回数が増える
体重が減る
疲れやすくなりさらに血糖値が高くなると、意識障害に至ることもあります。
症状がまったくないまま健診などで糖尿病が判明する方もいれば、急に高血糖の症状が現れて糖尿病が判明する方もいます。
また、眼や腎臓の合併症の症状が現れて、初めて糖尿病と診断される方もいます。

糖尿病の種類

どのような原因で糖尿病になったのかで分類され、糖尿病は大きく「1型糖尿病」「2型糖尿病」「妊娠糖尿病」「その他の糖尿病」の4つに分けることができます。
1型糖尿病
「1型糖尿病」はインスリンを分泌している膵臓のβ細胞が、自分の免疫によって破壊されてしまうことが原因で、β細胞が破壊されてしまうことでインスリンの分泌が低下しインスリン分泌障害を引き起こします。
特定の遺伝子を持つ人はβ細胞を自分の免疫で破壊してしまう確率が高いことがわかっています。
また1型糖尿病では、ウイルスなどの感染が引き金となり、免疫によるβ細胞への破壊が始まります。
特徴としては小児から思春期の発症が多く全糖尿病に占める割合は5%以下です。
インスリンを分泌するβ細胞が破壊されて行きインスリンが出なくなってしまうためインスリン注射が必要になります。
2型糖尿病
「2型糖尿病」の原因とは、「インスリン分泌障害やインスリン抵抗性に関連する遺伝子」と、「過食や運動不足による肥満」です。
「2型糖尿病」は遺伝との関わりが強いと言われていますが、生活習慣などの要因が加わって発症します。
中高年での発症が多く、日本の全糖尿病患者の9割を、「2型糖尿病」が占めています。
インスリン分泌低下とインスリン抵抗性が増大することにより、インスリン作用不足が起こり発症します。
1型糖尿病とは異なり、β細胞の機能はある程度保たれているため、インスリン注射が必要になることは稀です。
食事療法や運動療法、内服薬などにより治療が行われます。
妊娠糖尿病
「妊娠糖尿病」とは糖尿病ほどの高い血糖値ではないが、正常値よりも高い血糖値の妊婦さんのことで、妊婦さんでも、通常の糖尿病の診断基準を満たす高血糖であれば「妊娠糖尿病」ではなく、「2型糖尿病」になります。
なぜ糖尿病の診断基準よりも低い血糖値なのに「妊娠糖尿病」と呼ばれるのかと言いますと、妊娠自体が高血糖を引き起こす引き金となってしまうこと。
また、妊娠中は、軽い高血糖状態でも母親と胎児に大きな影響を与えやすいこと。
そして、妊娠中に高血糖であると、将来糖尿病を発症する危険が大きくなるからです。
そのため妊娠中の高血糖は、通常の糖尿病とは分けて考え、妊娠糖尿病として治療することになります。

その他の糖尿病

「その他の糖尿病」とは、様々な原因があります。
膵臓のβ細胞の機能に関わる遺伝子の異常、インスリンの作用の仕組みに関わる遺伝子の異常といった「遺伝子異常」が挙げられます。
また、膵臓の病気、内分泌系の病気、肝臓の病気、感染症などの「病気」が原因となるものもあります。
さらに、「薬剤」や「化学物質」が原因となり、引き起こされる糖尿病も含まれます。
日本人の糖尿病の9割が2型糖尿病です。
多くの方が、医師から糖尿病と言われた場合、2型糖尿病であるパターンがほとんどです。
2型糖尿病以外の糖尿病のケースでは、医師からどの種類の糖尿病であるか説明を受けることになります。
2型糖尿病では、遺伝も関わりがあると言われていますが、その発症には過食や運動不足と言った生活習慣が大きく関わっています。

検査項目

糖尿病の診断には、血液検査が必要で次の4項目を測定します。
HbA1c(ヘモグロビンA1c)
過去1~2カ月の血糖を反映する指標です。糖尿病以外でも高くなることがあります。
早朝空腹時血糖値
健康な人では、朝食前の血糖値が1日の中で最も低いとされています。
食事から10時間以上あけて測定するため、一般的には前日夜9時以降絶食として、翌朝食事前に採血します。
75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)
糖尿病を最も確実に診断できる検査です。ただし、明らかに血糖値が高いことが推測される場合は、空腹時血糖または随時血糖を測定します。
早朝空腹時血糖値を測定後、75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後、1時間後、2時間後の血糖値を測定します。
なお、糖尿病の診断には2時間後の血糖値を用います。30分後、1時間後の血糖値は、糖尿病の診断に必須ではありませんが、リスクが高い人を見出すのに役立ちます。
随時血糖値
食事時間とは関係なく測定した血糖値です。

糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは、赤血球のヘモグロビンのうち、血中のブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査。
ヘモグロビンの寿命は約4ヶ月であり、HbA1cは最近数ヶ月の血糖の推移を反映する指標とされている。
このため、HbA1c検査では空腹時血糖値では見過ごされやすいタイプの糖尿病を診断することができる。
診断基準は以下のとおり
10.0(%)以上で非常に悪い
8.0 – 9.9で悪い
6.6 -7.9でやや高め
5.8 – 6.5で良い(治療の目標値)
5.8未満で健康な人の値

ブドウ糖負荷試験

ブドウ糖負荷試験とは、75gのブドウ糖液を飲んで、その後の血糖値の変化を調べる検査。
2時間経過後、血糖値が200mg/dL以上であれば、糖尿病型と診断される。
ブドウ糖負荷試験は、食後に血糖値が急上昇するタイプの糖尿病を検査するのに有効とされている。
空腹時血糖値
空腹時血糖値とは、朝食を抜いた空腹時の血液検査で血糖値を測定し、糖尿病を診断する方法。
血糖値による糖尿病の診断の中では最も基本的な検査方法。
空腹時血糖値による診断基準は以下のとおり。
血糖値が126mg/dL以上で糖尿病型
110 – 125mg/dLで境界型、
70 – 110mg/dLで正常型
食後2時間血糖値とは、食べ始めから2時間後の血糖値のことで、これは食べた物のおよそ半分が腸に移動する頃とされている。
食後2時間血糖値は、近年では空腹時血糖値よりも重要視されおり、ブドウ糖負荷試験とは、通常食後2時間血糖値のことを指す。
食後2時間血糖値の診断基準は、血糖値が200mg/dL以上で糖尿病型、140 – 199 mg/dLで境界型、140mg/dL未満で正常値
尿糖
尿糖とは尿中の糖分を測定する調べる検査方法で起床直後、朝食前の尿を採取します。
尿糖の検査は血液検査をする必要がなく、簡便であり、集団健診によく用いられますが、精度は低く、尿糖で陽性と出たら即糖尿病というわけはありません。
ブドウ糖負荷試験などの他の検査を受け、糖尿病かどうか診断する。
 眼底検査
眼底検査とは眼球の毛細血管を検査し、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症の発症の有無を調べる検査で、糖尿病になると高血糖状態の血液が眼の血管を傷つけます。
眼底検査では血糖値などを測定するわけではないので、糖尿病そのものの診断をするわけではありませんが、眼底検査では失明の可能性のある糖尿病性網膜症の発症を調べるという意味で重要な検査です。